スマートハウスでの太陽光発電

太陽光発電は光を当てると電気が流れるシリコン半導体を使った太陽電池モジュールによって発電を行うシステムです。

 

このシステムを家庭に設置すれば多くの利点をもたらします。

 

太陽電池モジュールによって生みだされた電気は直流電力ですので一旦パワーコンディショナーに送り家庭で使用できる交流電力に変換します。また余った電力は電線で電力会社に送れば売電することも出来ます

 

。確かに太陽が出ていなければ充分な発電を行う事が出来ませんが、電線によって電力会社には繋がっているわけですから発電量が少ない時だけこれまで通り電気を買えば良いのです。

 

太陽電池モジュールによる一連の発電システムを家庭に取り込む未来の住宅の姿が実用化に向けて動き出しています。

 

それは太陽光から作り出した電気をバッテリーに蓄えておいて自動でコントロールされたネットワークによって完全なる電気の自給自足を目標にしています。

 

そんな未来の住宅が普及すれば太陽光をメインエネルギーとしているため二酸化炭素を発生させないクリーンな世界の実現と、いざという時には蓄電池としても使える電気自動車の普及やスマートフォンによって外出先から家電や設備を遠隔操作することも出来るようになるのです。

犬09