政府も推奨しているスマートハウス

犬07

1973年のオイルショックをきっかけに設立された資源エネルギー庁を中心に日本政府の自然エネルギーを活用し、化石燃料や原発を活用しなくても生活できるゼロ・エネルギー化推進事業ですが、原発安全神話が邪魔をしてなかなか進まなかったのですが、2011年の東日本大震災での原発安全神話崩壊により、目が覚めたかの様に資源エネルギー庁を中心に自然エネルギーの開発がようやく加速を始まりました。

 
政府のエコポイント政策、住宅においてはオール電化から太陽光パネルや水力や風力への切り替えを推奨しています。

 

しかしすぐには脱原発も不可能ですので、原発に依存せざるを得ない現状は変わり有りませんが資源エネルギー庁も設置目的でもある脱原発の象徴でもある自然エネルギーを蓄電し、活用及び売電の可能な住宅の増加を目指し、各住宅メーカーも様々な角度、視点からの住宅開発に力を入れています。

 
これからの研究、開発次第では何十年か前に人間が夢見た未来の日本の姿に近づける可能性、実現性も期待できる程日本の企業の技術もより進化的になってきてますので、政府を中心により官民一体となり、自然エネルギーの開発を推進する政策を加速する事を期待したい所です。