*

犬01

 

最近、太陽光発電やエネファームを備えた住宅が増えています。スマートハウスとは、こういった自家発電装置を使用して蓄電し、電気自動車やエコ家電で使用することで、エネルギー消費を抑えるということです。つまり、電気の自給自足を理想とし、モニターなどで必要不必要を判断し、コントロールする機能を搭載した家のことです。
まだ始まったばかりなので正確な定義はなく、電気自動車を売りたい自動車会社では電気自動車を中心に、家電メーカーではスマホでエアコンの使用状況を確認できることや、パネルメーカーでは太陽光発電を主軸として電力管理を行うことを前提とするなど、その使い方は様々です。
エコ建築、エコハウスなどと同じような意味で使われることが多いですが、厳密にはエネルギー消費を抑えて賢く暮らす家のことをいいます。地球に優しく、お財布にも優しいということです。
低炭素社会を目指す日本では、こういった家ばかりになるのが理想です。しかし、実際は、コストがかかること、また全家庭に設置するには設備が不足しているなど課題は様々です。地球にもお財布にもエコな生活は全市民にとって理想です。日本は慢性的にエネルギー不足と言われています。クリーンエネルギーの普及で、この問題が解決出来る日はそう遠くはないかもしれません。